掲示板-可愛い小鳥達や豊かな自然と触れ合って感動したこと、うれしかったこと、楽しかったことなどお気軽にご投稿ください。-

614134

投稿フォーム

おなまえ
題名
先頭画像
メッセージ
画 像 1
画 像 2
画 像 3
画 像 4
画 像 5
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できます)
文字色
合言葉

信州は○○○県?(ひらがな3文字)

スパム対策のため、合言葉は毎回入力してください。

隣県にミコアイサを見に行って来ました。 投稿者: denpou No.6524
 毎年この時期にミコアイサが到来する池が有り 様子を見に行って来ました、1日目はオスが居なくて 2日ほど後に行ってみるとオスも居ました。
 先頭画像: 愛想の良かったハシビロガモ(♂)
 1: キンクロハジロも沢山いました。
 2〜3: ハシビロガモ(メス)
 4〜6: ミコアイサ(メス)
 7〜10: ミコアイサ(オス)
 この池には沢山の水鳥が毎年きています、マガモ ヒドリガモなど 結構近くに来てくれるのでカメラマンにとっては嬉しい所です。
 ミコアイサ(オス)通称パンダガモでもまだ綺麗な冬羽に成るには時間がかかりそうでした。
紅葉の中のオシドリ。 投稿者: denpou No.6523
 日々寒くなり徐々に紅葉が進んできましたので 紅葉の中のオシドリを撮りに行って来ました。
 先頭画像: 紅葉が水面に写る池を泳ぐオシドリです。
 1〜2: 水面を泳ぐオシドリ。
 3〜4: バタバタしてくれました。
 5: 綺麗な水面を優雅に泳いでいます。
 6: 仲間と一緒です。
 7: 仲良くオシドリ夫婦です。
 8: 水面の紅葉とオシドリです。
 紅葉をバックにオシドリが飛んでいる所を撮りたかったんですが 残念ながら撮れませんでした。
隣市との境の河川の河口でオニアジサシ。 投稿者: denpou No.6522
 隣市との境の河川の河口の干潟にこちらではあまり見かけないオニアジサシが居るとの事で行って来ました。
 堤防の上から見ると もう十数人のカメラマンがおられシャッターを押しておられました、私も参戦させていただきました、しかしすぐに飛び立ちました、地元のバーダーさんに聞くと小一時間立つと戻って来るとの事で待っていると 戻って来てくれましたので 飛ぶところが沢山撮ることが出来ました。
 先頭画像: カモ類と一緒に居ました。
 1: オニアジサシが単独で居ました。
 2〜8: オニアジサシの飛びいろいろ。
 オニアジサシ こちらでは珍しく 私は初めて 出会いました、何時もは カモメ類と一緒に居る事が多いそうです、他のカメラマンさんの話によれば 暫くここには居なかった様です。
 隣県の大きな池にカリガネ(幼鳥)が来ていました。 投稿者: denpou No.6521
 情報で隣県の大きな池にカリガネ(幼鳥)が来ているとの事で 朝早くから行って来ました、高速道路で一時間半 9時前に池に到着 カメラマンさんは十人程度でしたし カリガネも近くにカルガモと一緒に居ました、その後餌を探しに休耕田に飛んで行ったり 陸に上がって歩いて餌探しなど 結構近くで撮れましたし 飛んでいる所の撮れました。
 先頭画像: 近くに来てくれた時のカリガネです。
 1: カルガモと一緒に泳いでいました。
 2: 池の淵に上がりました。
 3: 少し羽を広げてくれました。
 4: 何か危険を感じたのか 池の遠くに行きました
 5: また戻って来て 陸に上がりえさばに歩いて行こうとしています。
 6: また池に戻り 近くに来てくれました。
 7: 近くで歩いています。
 8: そこから休耕田まで飛びました。
 9〜10: 急に何かに反応し 池の方に飛びました。
 カリガネ(幼鳥)でしたが私は初めての出会いでしたので沢山撮らしてもらいました、そのうちにお昼頃になるとカメラマンも沢山になっていました。
バレンシアガハンドバッグコピー 投稿者: バレンシアガハンドバッグコピー No.6520
バレンシアガの特徴のあるデザイン性や雰囲気に合わせるこのバッグを楽しめるのも見逃せない。汎用性と使いやすさを両立した「http://www.bagvv.com/pp-52.html バレンシアガハンドバッグコピー」は限定発売中。細部までもバレンシアガの美や魅力を詰め込んだレディースバッグをいち早く購入して。http://www.bagvv.com/ 偽物 ブランド 激安
投稿記事のNoと、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事No 修正キー

ページの上部へ

ページの下部へ