掲示板-可愛い小鳥達や豊かな自然と触れ合って感動したこと、うれしかったこと、楽しかったことなどお気軽にご投稿ください。-

619865

投稿フォーム

おなまえ
題名
先頭画像
メッセージ
画 像 1
画 像 2
画 像 3
画 像 4
画 像 5
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できます)
文字色
合言葉

信州は○○○県?(ひらがな3文字)

スパム対策のため、合言葉は毎回入力してください。

近くの田圃 投稿者: No.5960
今日は自宅近くの田圃に行って来ました。
天気は良かったのに強風で車の窓から田圃の水路を見て回りました。
カワセミを撮っていると、コガモのメスが1羽だけちょこっと
出てきましたが、羽の色が変でしたので、後で調べたらエクリプス
のようでした。
高圧線の高い鉄塔の上にハヤブサのような鳥が居ましたが、営巣を
始めたような巣材のようなものが見えました。
入れ替わりに同じ鉄塔に今度はノスリが来ました。
今日はみんな車の窓から撮りました。
先頭画像:コガモ♀エクリプス??、@ハヤブサ営巣??、
ABノスリ、C〜Eカワセミです。
Re: 近くの田圃 投稿者: あすなろ No.5961
藤さん
今日の此方は非常に寒く珍しくチラつく雪を目にする事が出来て利用者の方々共々会話が盛り上がりましたが降り始めて右を向いて左に眼をやると雪は止んでいる位の瞬間的な出来事でした。
積雪に悩まされている方々の気持ちを逆なでする様な投稿で申し訳ありません。

ハヤブサは高い鉄塔の上で子育てを成功させてほしいですね。
こんな場所が有れば持久戦で挑戦してみたいものです♪
ノスリの飛び出しの瞬間も見事撮る事が出来ましたね。
カワセミは枯れたススキに止まっていますが少しも軸は曲がらずカワセミの体重は軽いのですね〜
Re: 近くの田圃 投稿者: やまがら No.5962
藤さん
 エクリプスは知らないことにしている私ですが、コガモはまだエクリプスなのですか〜。
 カモも掘り下げていくと奥が深いのでしょうね!

 ハヤブサはこんな所で子育てできるのでしょうか?
 鉄塔に止まっているのはよく見聞きするのですが〜。
 ノスリの若?は珍しくかわいらしい表情に見えます。

 カワセミは何度見てもきれいでかわいい鳥ですね!
 あすなろさんが仰るように、たしかに軽いのがよく分かりますね。
Re: 近くの田圃 投稿者: denpou No.5963
藤さん
 コガモのエクリプス 1羽で寂しそうですね、ハヤブサがこんな所に巣を作るんですね、これなら暫くは ハヤブサの姿が見れそうですね、ノスリが 邪魔しないといいんですがね、カワセミは いつも綺麗で絵になりますね、私はカワセミの飛んでいる所に挑戦するも なかなか上手くいきませんよ。
Re: 近くの田圃 投稿者: No.5964
あすなろさん
   早々のコメント有難う御座います。
此方では昨日は雪は降りませんでしたが、北風が強く
雪よりも寒い一日でした。
ハヤブサはあまりにも高い所なのではっきりしたことは
判りませんが、子育てにしては時期が早いようですね。
この水路には魚は全然居ないと思っていましたが、カワセミは
時々小さな魚をゲットしています。

やまがらさん
   コメント有難う御座います。
コガモ♀のエクリプスと書きましたが、その後、鳥に詳しい
友人(やまがらさんに近い位鳥を鑑定する)にこの写真を
見てもらったら、「コガモは、エクリプスではなく、怪我し
ているだけの様だ」と言っていました。
コガモが居た所は丁度鉄塔の下なので、もしかしてハヤブサ
につかまりそうになって命拾いしたのかもしれません。

denpouさん
   私はカワセミの飛翔は早すぎてなかなか写真には
出来ませんがdenpouさんの写真は素晴らしいですね。
ハヤブサはもし営巣の始まりだったらいいですが、それにしては
時期が早すぎるようですね。
Re: 近くの田圃 投稿者: ひよどり No.5965
藤さん
 御無沙汰致して しまいました。庭の鳥の世話を 毎日頑張っております。寒さ厳しく 平地まで 雪に覆われ 大変な事になっているようです。メジロ ヒヨ チュン太 シジュウカラ シロハラ ジョウちゃん 迷惑な ムクドリ カラス 常連達です
  コガラが怪我をしているのですか?ハヤブサに襲われたのでしょうか?  心配ですね。
 都会のカワセミは 青い姿で魅了して アピールしてくれますね。
田舎のカワセミは なかなか現れてくれません。隠れてしまいます。

denpouさん
 カワセミの飛翔 綺麗です!!
  
Re: 近くの田圃 投稿者: No.5967
ひよどりさん
   最近の大雪と被害ののニュースはテレビでも毎日のように
報告されていますが、長野県も今年は大変なようですね。
お庭を訪れる沢山の小鳥たちも雪との闘いですね、
鳥達の助っ人でお忙しそうですね。

此方では寒風が寒い位でまだ積雪はないので助かっています。
近くに田圃に行って見ると、ハヤブサやノスリが顔を見せて
くれましたが、同じ所でカワセミのそばに、羽怪我をしたコガモが1羽、
右の翼の羽をもぎ取られているようで、飛べないので何時も
カワセミと仲良くしています。
左から見ると普通のコガモ♀ですが、右から見ると羽が無いのが
判ります。
チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: denpou No.5954
 ヘラサギがいてそうだとゆうことで 大きな池に行きましたが 水が無く ヘラサギの姿は有りませんでした、仕方なく周りを探すと 小さな流れ込みの遠くに動くものが見え 野鳥が居ました。
 1〜2: ハマシギ
 3〜4: タシギ
 5〜6: イカルチドリ
 7:   ヨーロッパトーネン
 8:   ヨーロッパトーネン イカルチドリ
 9〜10:シロチドリ
 みんな近くで 餌を探していました。
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: やまがら No.5955
denpouさん
 シギチもさっぱりな私ですが、みんな小さくてかわいらしいですね!
 ハマシギがこんなにもきれいでかわいいなんてちょっと驚きました。見てみたいものです〜。

 ヨーロッパトウネンは珍しいのではないでしょうか?私は気付くことができなさそうですが〜。
 シロチドリも見たことがありませんが、冬でも見られるのですね〜!
 イカルチドリはこちらの川でも見られますが、久しく見ていません。
 
 いろんな鳥が見られていいですね!
 あまり鳥が見られていないぶん楽しませていただいています!
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: denpou No.5956
やまがらさん
 早速のコメント有難うございます。
 本来なら嘴の色 足の色 を綺麗に撮れたらいいのですが 何せ泥の中をうろうろして嘴一杯まで泥の中で 足も泥だらけでこんな画像に成っております、又綺麗に撮れるとき 撮りたいです。
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: No.5957
denpouさん
   ハマシギもヨーロッパトウネンも真冬に見られるとは
凄いですね、普通はシギの冬羽は9月10月が時期だと思っていましたが
正月とは新しい発見の様に感じます。
タシギも画像の解像度が良いので綺麗に見えますね。
シロチドリの顔が白く幻想的で可愛いです。
コチドリとイカルチドリの見分けが何時も迷いますが、アイリング
や首輪の黒い部分でし見るしかないようですね。(大きさの違いは
写真では分からないので)。
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: あすなろ No.5958
denpouさん
大きな池でも威力を発揮できる大砲レンズ使用でしょうね鮮明に撮れています湯。
スッカリとコタツの番が板に付いた私は未だにタシギにはお目にかかれていません。

大きな池とは何処なのでしょう?
もしかして…
私は先日から孫と遊んでいましたよ。
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: denpou No.5959
藤さん
 コメント有難うございます、私も最初はコチドリのように思いましたが、地元のバーダーさんに教えていただきました。

あすなろさん
 大きな池は 例の池です 撮れたので 連絡しましたが 上手く連絡がつきませんでした。
 場所は お寺とは反対側です。
Re: チドリ目の野鳥5種類撮れました。 投稿者: ひよどり No.5966
denpouさん
  背景が泥とは思えません。空の色も入り、シギチ達が 生き生きと撮れていますね!!皆 可愛いです。
 これだけ撮れると 至福の一時でしたね。
 一度だけ 海辺でトウネンを見ましたが、小さく愛らしい姿に 感動した事を 思い出しました。
  
珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: denpou No.5946
情報で カラアカハラの存在を知り 行ってきました、沢山のカメラマンさんが撮られていたのに 参加させていただき撮ることができました、緑地のみなさん 有難うございました。
Re: 珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: No.5947
denpouさん
   カラアカハラ撮影成功おめでとうございます。
カラアカハラなんて言う名前も初めて聞きました。
図鑑で見た時はイソヒヨドリに似ていると思いましたが、
denpouさんの凄い鮮明な写真を見ると全く違う新しい種類の鳥ですね。
カラアカハラは23cmですからアカハラ24cmより少し小さい
鳥ですね。
初めてこんな凄い珍鳥を見せて頂き有難う御座います。
唐赤腹と言うのは中国北東部で繁殖するからなのでしょうか?
越冬は中国南部やインドだそうですが、日本に渡来するのは極稀で
それも日本海の島などで記録されたので、本土、それも関西で見られた
と言うのは凄い事だと驚いています。
アネハヅルよりももっと希少な鳥ですね。参りましたよ!。
Re: 珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: あすなろ No.5948
denpouさん
珍しいカラアカハラと出会えて新年の付が本物の様ですね。
denpouさんも歩けば鳥に出会う…でしょうか♪
松ぼっくりの沢山落ちている周辺には特別に好みの虫等が沢山いるのかもしれませんね。

至近距離からの様で警戒される事も少なかった様ですね綺麗に撮りましたね羨ましいです。
FGI等にお気に入りスタンプをペッタンコです…♪
Re: 珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: denpou No.5949
藤さん あすなろさん
 コメント有難うございます、このカラアカハラ 最初に見つけられた方は アカハラのちょっと変わったの位しか 思わなかったそうです、私も 予備知識が無ければ アカハラで済ましてしまうでしょうね。
Re: 珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: やまがら No.5950
denpouさん
 カラアカハラの撮影おめでとうございます!
 名前だけは知っていましたが、私の古い図鑑には成鳥オスの画像がたったの1枚しか載っていませんでした。(笑)
 denpouさんが撮られたカラアカハラはメスということなのですかね。
 私だったらクロツグミのメスってこんなだったけと思ってしまいます〜。

 それにしてもちょっと心配になるくらいに愛想の良い個体ですね!
 いっぱい食べて元気に帰っていって欲しいものですね!
Re: 珍しい カラアカハラが撮れました。 投稿者: denpou No.5952
やまがらさん
 コメント有難うございます、 このカラアカハラ 他府県からにカメラマンさんも 沢山いらっしゃいました。
 雌雄判別に関して 私には よく分からないので 野鳥園の方に聞くと 胸のあたりの 色が濃いくなっているんで、多分♂では無いかとの事でした、 雌雄判定は 私にとって大変むずかしいです。
アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: No.5942
昨日(1月18日)茨城県の田圃にアネハヅルを撮りに行って来ました。
この鳥はモンゴルで繁殖し8000mのヒマラヤを超えてインドで越冬する
ので知られています。
日本に飛来するのは稀で207年に青森県で33年ぶりに来たという記録が
在るそうですが、関東に来たのはおそらく初めてではないでしょか?。
先頭画像:アネハヅルが来ている田圃、向こうは筑波山です。
@〜Gアネハヅルです。
You Tubeも宜しくお願いします。
Re: アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: あすなろ No.5943
藤さん
此のアネハズルは迷鳥になるのでしょうか、それとも観光立国の日本を目指してわざわざ飛来してくれたのでしょうかね〜
沢山のカメラマンが群がっているようですが一羽だったのでしょうか?

何時も珍しい鳥が立ち寄る関東の良い場所にお住まいですね♪
首からお腹にかけて黒い帯と脇腹の帯が特徴の様ですがユックリ日本の冬を楽しんで帰って欲しいものですね。
風の吹く中の探鳥は満足できたひと時だったでしょうね♪
Re: アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: denpou No.5944
藤さん
 アネハズルとは珍しいですね、なかなか出会える野鳥ではないでね、やはり 情報で 沢山のカメラマンさんが来られていたでしょうね、藤さんの所から どれ位時間がかかるんでしょうか、近ければ 無理しても行くんですが、ちょっと遠過ぎますね。
 こちらも 珍しい カラアカハラが 居ると聞き行ってきましたので 投稿しますので宜しくお願いします。
Re: アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: No.5945
あすなろさん
   早々にコメント有難う御座います。
アネハヅルは去年(2016年11月)に、今回の所から30km離れた利根川
の近くの田圃に来ているのを見たという情報があって私もそこに何回か
行ったのですが、既に抜けているという事でした。
憧れのアネハズルはもはや諦めていたのですが、年明けた今年になって
昨日の昼頃友人から「アネハズルを撮っている、早く来てI」と、
アネハヅルの現場から電話があったので即飛び出していきました。
現場では既に田原の見渡す限りカメラマンだらけでびっくりしました。
アネハヅルの飛翔を撮りたかったのですが、丁度飛び立った時は三脚
をいじっていたのでチャンスを逸してしまいました。

denpouさん
   コメント有難う御座います。
アネハヅルは日本に渡来するのは稀な事でおそらく関東では初めて
の事だったのだと思います。
昨日はカメラマンは200人位でしたが、一昨日1月17日はカメラマン
500人位だったと地元の人が言っていました。
その時撮った田圃の風景写真を見せてもらいましたが、見渡す限りの
カメラマンがまるで雑草の写真かと思うほどでした。
でもその前の日(1月16日はカメラマンは14,5人だったそうです。
でもこの鳥は昨年の11月にもちょこっと現れたのですが、その時
写真を撮る事が出来たのは第一発見者だけだったそうです。
Re: アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: やまがら No.5951
藤さん
 denpouさんのカラアカハラに負けず劣らず、藤さんのアネハヅルもびっくりするような珍鳥ですね!
 どちらもちょくちょく現れているような気がしますが、実際どんなものなのでしょうね?

 タンチョウ以外のツルを見たことがないので私にはツルもさっぱりですが、
 アネハヅルは比較的わかりやすそうな顔をしていますね。
 ヒマラヤ越えをする個体もいるというアネハヅルはロマンがありますね。
 私もたまには珍鳥に出会いたいものです〜。
Re: アネハヅル(姉羽鶴) 投稿者: No.5953
やまがらさん
    コメント有難う御座います。
アネハヅルは関東では初めてなのではないかと思いますが、
そのためかカメラマンの数も驚くほどでした。
この鳥は昨年の11月にもっと近い所に来ているとの情報があった
のですが、その時は第一発見者だけが撮影することができましたが、
情報を聞いた人は何週間も探し回りましたが、どうしても見当たらず
あきらめていましたが、先日友人からアネハズルがいると電話が
あったときはびっくりしました。
この鳥は顔横の白い化粧羽が特徴で分かりやすいですね。
大きさは全長約90cmですから、タンチョウの125cm〜152cmに
比べると大分小さいですね。
越冬のクサシギ、その後 投稿者: No.5935
昨年12月に「クサシギ、今埼玉県で越冬」を投稿しましたが、
年明けた1月15日も、霜と氷の小さな水路(川?)でクサシギは
元気に採餌していました。
私は日本で越冬するシギを見たのは初めてですが、それも自宅から
4,5分の田圃で発見したので本当に驚きました。
でもクサシギは関東南部では数は少ないものの越冬する個体が
あるそうです。
先頭画像〜Cクサシギ、
D〜Fカワセミ(クサシギと同じ所にやって来る)
You Tubeも宜しくお願いします。
Re: 越冬のクサシギ、その後 投稿者: あすなろ No.5936
藤さん
クサシギは忙しく採餌し回る姿が確認できますが何度も水中に嘴を突っ込みこれで餌にあり付けるのでしょうかね〜
出くわした一羽のクサシギが藤さんを大いに楽しませてくれた様ですね。

同じ場所に現れてくれたカワセミは人工物では無く自然に伸びた草の軸に止まりジッと見つめる視線の先に現れる小魚を待っているのでしょうが獲物をgetした写真が有りませんね〜♪
真剣な目つき顔つきが素晴らしく印象的です。
Re: 越冬のクサシギ、その後 投稿者: No.5937
あすなろさん
   早々にコメント有難う御座います。
仰るように、私もシギ類は干潟や水中に向かって連続で嘴を差し込んでいますが、
そんなに餌が沢山ある訳ではないのに何しているんだろうとよく思います。
クサシギの食性を調べると添付の図のようです。
(Wikipediaの写真をコピーすると著作権にかかるので手書きにした)
私はシギ類が連続で嘴を水面に突っ込むのは、水中に居るプランクトン
状のミジンコを手探りしているのではないかと思います。
数撃ちゃ当たるでたまにはミジンコが嘴に当たるのかも知れませんね。
Re: 越冬のクサシギ、その後 投稿者: やまがら No.5938
藤さん
 先日のクサシギ、まだいたのですね!このまま越冬しそうですね。
 お尻をフリフリしながらの採餌はセキレイみたいでかわいいものですね!
 でも本当に何を食べているのでしょうね?どれくらいの確率でゲットできているのか気になりますね。(笑)

 このままいけば夏羽への換羽の経過も観察できるかもしれませんね。
 カワセミも撮れてしまうあたりがすごいです!私は久しく見ていません〜。
Re: 越冬のクサシギ、その後 投稿者: denpou No.5940
藤さん
 クサシギ そんなに近くに 居るんですね、越冬するか楽しみですね、やまがらさんのおっしゃる通り 特徴のある 夏羽になるまで見られればと考えると、どうなるか 気になりますよ。
Re: 越冬のクサシギ、その後 投稿者: No.5941
やまがらさん
   見て頂いて有難う御座います。
クサシギは今は冬羽なので背中の上面は灰褐色で目立たない色ですが、
4月まで今の所に居てくれると、お腹は真っ白で上面は暗緑色の羽になる
と思いますのでそれを楽しみにしています。
採餌の連続振子のような嘴は餌を咥えている所など見た事はありま
せんが、
おそらくプランクトンのようなものでも食べているのではないかと
想像しています。

denpouさん
   コメント有難う御座います。
クサシギは九月頃のシギのシーズンの時はグループで来る為か結構
近くで撮れるのですが、今は独りぼっちのせいか非常に警戒心が強く、
30mも近づくことは難しいですね。
それで水路の遠くの何時も来るところで鳥を発見したら、逃げてもいいからそこにカメラを設定して、
ブラインドの代わりに毛布のようなボロを被って1,2時間じっとして
待っていると、今度はクサシギの方が私の目の前に帰ってきます。
今度は8〜10m位でも逃げないので静止画や動画をゆっくり
撮っています。
その日(15日)は北風が強くて、寒さよりも手がかじかんで、
ピントやシャッターを押すのがやっとでした。
ここは一日中殆ど私一人なので通行人に邪魔されることがありませんのでこういうことが出来ました。
しかし田植えの時期になるとそこに入ることすらできなくなりそうです。
投稿記事のNoと、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事No 修正キー

ページの上部へ

ページの下部へ